あなたも実は不眠症かも!?

あなたも実は不眠症かも!?

あなたは毎朝スッキリ目が覚めていますか?もし睡眠時間を確保しているのにスッキリ目が覚めていなければ睡眠に何かしら問題がある可能性が高いです。

今回は体を良くするうえで最も重要な睡眠についてご紹介します。

不眠の4つのタイプ

  1. 入眠障害 寝床についてもなかなか寝付けない
  2. 中途覚醒 夜中に何度も目が覚める
  3. 早期覚醒 早朝に目が覚めて、その後眠れない
  4. 熟睡障害 睡眠時間の割に熟睡した満足感が得られない

これらが慢性的に続いていると日常生活のパフォーマンスが低下してしまいます。

不眠の原因

人間は自律神経のアクセルである交感神経によって朝目が覚め、日中活動的になり、自律神経のブレーキである副交感神経によって夜になると眠くなるようにコントロールされています。この自律神経が乱れることで体のアクセルとブレーキのコントロールができなくなり不眠になってしまいます。

眼精疲労

目のピントを調節する筋肉は自律神経が支配しているのでパソコンやスマートフォンなどによる眼精疲労は自律神経のバランスを崩すことにもつながります。

ストレス

適度なストレスは多くのメリットがありますが、過度なストレスを長時間受け続けてしまうと交感神経の働きが過剰になってしまい自律神経のバランスが乱れてしまいます。

姿勢の歪み

脳から出た自律神経は首や背骨を通って全身に信号を送っているので、姿勢の歪みによって骨格が歪んでしまうと自律神経の信号がうまく送られなくなってしまいます。

不眠の解消法

眼精疲労の解消

目の血行を良くするには温めるのが効果的です。ホットタオルやホットアイマスクを目に当ててベッドやソファーなどでリラックスしましょう。緊張が解けていくのが体感できると思います。

ストレス発散

ストレス発散法はいくつもありますが、中でも一番おすすめなのがマインドフルネス瞑想です。今や世界的な大手企業が社員のパフォーマンスをあげるために続々と取り入れていたり、うつ病の治療などにも効果的と言われているのでぜひやってみてください。

姿勢の矯正

姿勢の歪みは固まってしまった筋肉が骨を歪ませてしまうことが原因なので、姿勢矯正のできる治療院で原因の筋肉を見つけてもらうことがおすすめです。

最後に

睡眠は健康維持において最も重要なので、不眠を解消して快適な毎日を取り戻してください!

お問い合わせはこちら